六本木と函館でなら出会いたい

六本木と函館で泣いていても出会いたい
<< 函館の出会いの雰囲気の中で | main | 函館の出会いに違反するように >>
函館の出会いで暗い話をした
0

    函館の出会いは孤独なランタンの輝きの光
    我々は確かにお互いを照らすつもりだ長い夜を急いで

    他の町並みがちょうど向かい合っている
    函館の出会いはすでに待っていた暗い話を待っていた
    なんらかの理由でフリーズする
    見て、今日尋ねる人

    誰もが不安であり、誰もが不安定で暗い
    まだ人々はお互いに会いたい

    朝はお互いの話が長い
    それをやってみましょう。

    函館出会い
    週末の肩の話
    飲み物は「来週も」と言いたい

    私は毎週このように寝て寝たい
    函館の出会いは誰かと会うだろうと確信している

    時にはそれは大きなミスであり、私の心は痛い
    しかし、私はあなたを愛し、私はあなたの世話をする
    大原を待っている毎日希望で咲く
    誰もが一人ではない


    だから私たちは常に誰かに違反するよう頼みます
    だから、いつも私たちは声の終わりまで明るくすることができます

    誰もが窓辺の夕暮れに歩いた
    私たちは確かに一緒に笑っているようだ

    | 函館 | 19:04 | comments(0) | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ